パチプロが絶滅した理由とパチンコホールの悩み:大市民の「百戦危うからず!」

パチプロが絶滅した理由とパチンコホールの悩み

ひと昔前には、パチンコだけで結構な収入を得ていた「パチプロ」が実際に存在していました。
しかし、90年代にパチンコ台にコンピュータが導入され、CR機が全盛となり、当時のパチプロはほとんど全滅してしまいました。

パチンコというギャンブルが、全く新しいものに変貌したからです。

当時のパチプロは釘を見て台を選んでいましたし、パチンコ雑誌にしても、新しい機種が出ると釘の見方などを載せていたものです。
パチンコは、釘を調整する「釘師」と「打ち手」との勝負だったのです。
つまり、ある程度の知識とスキルが無ければ、パチンコで勝つことはできなかったのですね。

今のパチンコ台は全てコンピュータで管理され、釘によって勝敗が左右されるというよりも、ホール側が出す気が無ければ勝てないようになっています。
そして今のパチンコ業界の状況では、ホール側は莫大な経費がかかるために、客に勝たそうと思っても、勝たすことができません。

もっとも大きな費用が、パチンコメーカーから毎年数多く発表される、新台入れ替えにかかる費用です。
この費用によってホール経営の損益分岐点が高くなり、ホール側は切迫経営に陥っているのが現状です。

出さなければ客が来なくなるし、かといって費用を節減するために新台を入れなければ、メーカーから睨まれる。
それにメーカーは、テレビCMで新台の宣伝をガンガン流していますので、客も当然、ホールに新台が導入されることを期待します。

そして新台を導入したら、しばらくは出さないと客が飛んでしまいます。
そのため、新台が入る前の期間は回収期にせざるをえません。

パチンコホール経営には、こういった悪循環があるのです。

今のパチンコ業界は、まさにメーカーの1人勝ち状態。
この体質、何とかならないものでしょうか。

| 2008年07月17日雑談、その他 このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

貴重な情報はまずメルマガで配信します。

最新記事はTwitterでも読むことができます。
フォローはご自由に。

Twitter-1.png

プロフィール

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。今は当ブログだけが生きがい。