究極の立ち回り:大市民の「百戦危うからず!」

究極の立ち回り

今日は2月25日の実践結果を書きます。
この日の実践は非常にすばらしい内容で、まさに自分の求める究極の立ち回りが出来たと感じさせるようなものとなりました。

実はこの日、あらかじめどう立ち回るかについてのテーマを決めていました。
それは、台のデータランプだけを見て勝てる台を判断するというものです。

要は大当たりが近いと予想でき、かつ連チャンが見込めそうな台を少資金で攻め、大当たり終了後は即ヤメして勝ち逃げするというスタンスです。

この立ち回りにもっとも適したホールの営業形態は、等価交換店です。
ですのでこの日は、マルハンで実践することにしました。

さて、データランプといってもいろんな種類のものがありますが、私の知る限りではマルハンで使われているタイプのものが、狙い台を絞るには最も適していると思います。(全国共通かは知りませんが。)

どういったタイプのデータランプかというと、過去10回の初当たりが何百回転台に来たかが一目でわかり、その大当たりが時短中での引き戻しも含めて何連チャンしたかが表示され、日付けをまたいでもデータがリセットされないタイプのものです。

さて、実践の方ですが・・・。

昼過ぎから車に乗って、郊外のマルハンへと行きました。
腹が減っては戦ができないので、マルハンの横にある食堂で遅めの昼食を済ませ、いざ実践開始です。

狙った台は「スーパー海物語IN沖縄2」。

まず1台目。
本日の大当たり回数3回、374回転で止まっている台を打ち、投資額3,000円の425回転目に魚群からあっさり大当たりを引き当てました。
この大当たりは残念ながら単発で、時短での引き戻しもなく即ヤメしました。

続く2台目。
本日の大当たり回数6回、402回転で止まっている台を打ち、投資額わずか1,000円の415回転目に擬似連2回の後に8×9のノーマルリーチとなりました。
これがなんと、真ん中にカニがピタッと止まって3連チャンです。

さらに時短中、魚群からタコで当たって6連チャン。
実質9連チャンまで伸びてくれ、133回転でやめました。

【投資額】
4,000円

【回収額】
54,000円

【本日の収支】
+50,000円

リスク無く、少ない投資で大当たりを引き、連チャンして勝ち逃げという、もっとも理想的な立ち回りとなりました。
また、等価交換店なので連チャンすれば収支も大きく膨れ上がります。

わずか4,000円の投資で2回も初当たりを引けたのは出来過ぎですが、例えば1万円に1回のペースで大当たりを引くことができれば、パチンコで負けるようなことはまず無くなるでしょう。
等価交換店での勝ち逃げスタイルでは、今後そのレベルを目指したいと思います。

スーパー海物語IN沖縄2


| 2010年03月01日パチンコ実践日記(〜2010年) このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

貴重な情報はまずメルマガで配信します。

最新記事はTwitterでも読むことができます。
フォローはご自由に。

Twitter-1.png

プロフィール

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。今は当ブログだけが生きがい。