「CRスーパー海物語IN沖縄2」で、投資わずか千円での勝利:大市民の「百戦危うからず!」

「CRスーパー海物語IN沖縄2」で、投資わずか千円での勝利

今日の勝負は一瞬で終わりました。
いつもこんなパチンコが打てればストレスが無くて良いのですが。

先月に実践したオスイチ検証でつくづく思ったのは、とにかく「よく出ているホール、よく出ているシマだけで打つ」ということです。

そうすることによって、打つ機種の基本スペックよりも高い確率で大当たりを引けているから不思議です。

今日は午後からホールに行きました。
「ぱちんこCR北斗の拳 剛掌」のシマが目立ってドル箱を積んでいましたが、当然のことながら空き台など無く、打つことすら出来ません。

かといって、もう1つの新台である「CRヱヴァンゲリヲン〜始まりの福音〜」はすでに客付きが悪く、とても「勝てるシマ」とは思えません。

となれば、やはりドル箱がまんべんなく積まれている「CRスーパー海物語IN沖縄2」を打つことになってしまいます。

そして1台目、大当たり8回、235回転の台に座って投資1,000円の249回転目。
擬似連無しの「レッツ・マンボウ」リーチで魚群が走り、サメとエビのクロスリーチから、サメが通り過ぎて「エビ来い!」と思っていたらサメがピョコンと戻って単発大当たりです。

時短で引き戻しが無ければ即ヤメして他の台を打とうと思っていたのですが、時短中にハイビスカス・フラッシュが鳴って確変大当たりを引き戻しました!
これが3連チャンしてドル箱4箱にまでなったので、今日の勝負はここで終了して勝ち逃げすることにしました。

【投資額】
1,000円

【回収額】
16,400円

【本日の収支】
+15,400円

最近の「CRスーパー海物語IN沖縄2」は、大当たりを引いても4〜5連チャンが多いと思います。
シマの状況を見てみても別積みは滅多になく、席の後ろに3箱くらい積んでいる人がほとんどといった感じです。

こういう状況を見ると、ホールがその機種をどう扱っているかというのが見えてきます。
看板台の「CRスーパー海物語IN沖縄2」については、皆にまんべんなく出すという扱いなのでしょうね。

それにしても、たったの1,000円でも大当たりする期待が高い「CRスーパー海物語IN沖縄2」は、本当に稼げる機種だと思います。

crスーパー海物語in沖縄2


| 2010年07月27日パチンコ実践日記(〜2010年) このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

貴重な情報はまずメルマガで配信します。

最新記事はTwitterでも読むことができます。
フォローはご自由に。

Twitter-1.png

プロフィール

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。今は当ブログだけが生きがい。