デモ出しの効果:大市民の「百戦危うからず!」

デモ出しの効果

ST機種で、デモ出しをすることによって連チャン数は変わってくるのか?
今回はそんなテーマで実験的にパチンコを打ってみました。

実験といってもやはり勝ちたいので、データランプを見ての台選びで、オスイチを狙っていきます。
狙い台は「CR大シャカRUSH」のライトスペックで、午前中にホールに入っての実践となりました。

なにはともあれ、まずは大当たりを引かなければ話になりません。
そのために大当たり確率の高いライトスペックに狙いを絞ったわけですし。

1台目、大当たり0回、0回転の台。
500円で7回転しか回らずやめ。

2台目、大当たり0回、10回転の台。
500円で4回転しか回らずやめ。

3台目、大当たり0回、129回転の台。
投資2,000円の164回転目に突確(出玉無し)を引き当てます。

さて、ここからST73回転となるのですが、およそ20〜25回転で1回デモ出しをするようにしました。
結果は、最初の突確を含めて4連チャン。(2R×1、7R×1、15R×1)

正直微妙なところですが、15ラウンドの大当たりが1回来たので、ドル箱1箱にはなったので交換しました。
ちなみになぜ継続して打たなかったかというと、この台が角台で、デモ画面を出すためにしょっちゅう席を立つのは目立つからです。

さて、ここで次のホールに移動して第二ラウンド開始です。
このホールでも「CR大シャカRUSH」のライトスペックに狙いを絞っていたのですが、1台目から3台目に500円づつ使ってみますが、回りが悪すぎます。

そして4台目に1,000円使ったあとの5台目。
大当たり5回、214回転の台が空きました。

ようやくゲットできた打ち頃の台なので、この台でじっくり勝負することにします。
そして投資3,500円の275回転目に大当たりを引くことに成功しました。

ここから同じようにデモ出し打法で9連チャンを記録。(2R×2、7R×7)
9連チャンまで伸びてくれれば、もしかしたらやっぱり効果があるかも・・・なんて思ってしまいます。

その後、ST73回転終了すぐの80回転目に、なんとまた大当たりを引きます。
それではと、今度はデモ出しをせずに休憩無しで一気に回してみたのですが・・・。

なんとこれが10連チャンまで伸びることに!(2R×1、7R×9)

というわけで、デモ出しの効果があるかどうかは、よくわからないという結果になりました。

【投資額】
9,000円

【回収額】
30,000円

【収支額】
+21,000円

まあ、考えてみればこの手の実験というのは、何日も時間をかけてデータを蓄積しないと意味が無いワケで・・・。

でも、少なくともデモ出しによって悪い方へ波が変わるという感じはしませんでした。
この間の実践でも23連チャンしましたし、デモ出し後に打ち始めてすぐに大当たりを引き戻すケースも多かったですから。

ともあれ、ここ最近はライトスペックの機種で連戦連勝が続いています。
短時間でこれだけ勝てるのなら、ライトスペックの機種は財布にも優しいしお奨めですね。

デモ出しは一つのジンクスみたいなものですから、余興を楽しむつもりでやってみるのもいいかもしれません。
それでも私はしっかりデータは取りますが。

いずれにしても、やはり良い波の台を選ぶことが重要であり、その上で今後も実践しようと思います。

【いずれもCR大シャカRUSH ライト】
CR大シャカRUSH


CR大シャカRUSH


| 2010年12月02日パチンコ実践日記(〜2010年) このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

貴重な情報はまずメルマガで配信します。

最新記事はTwitterでも読むことができます。
フォローはご自由に。

Twitter-1.png

プロフィール

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。今は当ブログだけが生きがい。