「ぱちんこCR北斗の拳 百裂」の攻略ポイント:大市民の「百戦危うからず!」

「ぱちんこCR北斗の拳 百裂」の攻略ポイント

「ぱちんこCR北斗の拳 百裂」を2日連続で打ってみました。
初日は波攻略で朝一からの実践。
そして2日目(今日)は午後からの実践です。

今回、「ぱちんこCR北斗の拳 百裂」を長時間じっくりと打ってみて、攻略ポイントがおぼろげながら見えてきたような気がします。

それでは昨日の実践からです。
あらかじめ波を見て数台ピックアップし、朝一からホールに行きました。

しかし初当たりまでに投資額がかさみ、20,500円使った401回転目にようやく引いた大当たりは単発で終了・・・。
2R確変じゃなかっただけマシですが、ST32回転はあっというまに終わってしまう印象です。

そして次に大当たりを引いたのは比較的早めの191回転目で、これは2連チャンで終了。
いずれの大当たりも16ラウンドなので、出玉はけっこうありますが、連チャンが伸びてくれません。

周囲の状況からして、この日はここで即ヤメすべきだったのかもしれません。
でも、「ぱちんこCR北斗の拳 百裂」をじっくり打つのはこの日が初めてだったので、とりあえずまとまった連チャンを経験したくて継続勝負しました。

この判断がやはり間違いで、その後174回転目に2R確変を引くもST32回転をあっさりとスルー。
その後は264回転で出玉が尽き、この日の収支はマイナス20,500円で終了です。

そして今日は午後からホールに行ってきました。
どうもこの「ぱちんこCR北斗の拳 百裂」は数字上の大当たり確率以上に波が荒いという気がしたので、波攻略で朝一から勝負するのは危険だと判断したからです。

そして今日、私が座ったのは大当たり5回、489回転で捨てられている台です。
この台のこの日の大当たり履歴を見てみると、なんと5回の大当たりは全て2R確変!

つまり出玉の無い潜伏確変が5回も連続で続き、その5回ともST32回転以内で大当たりの引き戻しが出来なかったということです。
この台、おそらく5万円は吸い込んでいるでしょう。
朝一から打っていたら、エライ目にあっていたところです。

さて、この台ですが、投資8,500円の648回転目に潜伏確変に突入しました。
出玉有りの大当たりではなかったので嫌な予感がしましたが、追加投資500円のST32回転以内に大当たりとなり6連チャン。(16R×4、6R×1、2R×1)
即ヤメしてこの日の勝利を確定することにし、収支はプラス17,500円となりました。

【2日間の投資額】
29,500円

【回収額】
26,500円

【収支額】
−3,000円

「ぱちんこCR北斗の拳 百裂」は大当たり確率が1/307.7で甘いという印象を持つかもしれませんが、その実態はかなり波の荒い機種だと思いました。
潜伏確変での初当たりが44%もあり、しかもそのまま32回転のSTをスルーしてしまうというパターンがけっこう目立ちますし、その場合は時短も付きません。

その分、たまに大きな連チャンをするというプログラムになっているのでしょうが、こういう特性を持つ機種は波攻略で朝一から打つのは非常に危険です。
こういう機種は、やはりオスイチ狙いの方がいいでしょうね。
あるいは今日の私のように午後以降にホールに入り、他人がある程度打ちこんだ台を狙っていくかですね。

それにしてもサミーの台は相変わらずホール側にとっての救世主であり、打ち手からしてみればとてもキツイ台だと思いました。

ぱちんこCR北斗の拳 百裂


| 2011年04月01日パチンコ実践日記(2011年〜) このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

貴重な情報はまずメルマガで配信します。

最新記事はTwitterでも読むことができます。
フォローはご自由に。

Twitter-1.png

プロフィール

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。今は当ブログだけが生きがい。