初心に戻っての実践:大市民の「百戦危うからず!」

初心に戻っての実践

最近、いろんな攻略法の検証を行っていたせいか、ちょっとしたスランプに陥っていました。
自分本来の立ち回りをしばらく行っていなかったこともあるでしょう。

というワケで、この日は初心に戻るという意味でも、もっとも自分の得意とする立ち回りをしてきました。
8月26日の実践結果です

この日は車で、普段は滅多に行かないホールへ行きました。
午後からホールに入り、あらかじめピックアップしておいた見込み台の12台を見てまわり、すでに他の人がある程度回している台を打とうと思っていました。

そして選んだのは、大当たり0回、369回転で止まっている台です。
この台を大当たりを引くまで打つというのが、かつての私が考え出した独自の立ち回り方法だったのですが、ここ最近の私は1台に1万円までしか使わないというクセが付いています。

でも、この日はあえて上限投資額を3万円までに設定し、1台をトコトン打ち込んでみようと決めていました。
しかし打ち始めてみるとこの台は回りが悪く、後で計算してみると千円あたり17回転ほどしかしません(3円交換)。

途中、あまりの回りの悪さに嫌気が差し、一度この台を捨てて他の見込み台を500円打ってみましたが、回りの悪さは変わらず500円で7回転しかしません。
そして覚悟を決め、やはり最初の台をトコトン打つことにしました。

初当たりを引いたのはちょうど投資20,000円の710回転目。
この方法で台選びをした時は連チャンするケースが多いはずなのに、なぜか単発止まりです。

「おかしいな?今日はこの台選びは通用しないのか?」と思いつつ、継続勝負して出玉が無くなったら負けを認めて帰ろうと思っていると・・・。
時短終了後すぐの122回転目に確変大当たりを引き戻し、これが怒涛の16連チャン!(内2R確変×2回)

久しぶりに大連チャンを経験することが出来て、大満足して即ヤメしたのでした。

【投資額】
20,500円

【回収額】
57,200円

【収支額】
+36,700円

このホール、大当たり時のアタッカーへの寄り釘も締めていて、33玉円交換で大当たり1回当たり3,800円ほどにしかなりません。
釘に関しても、もう少し回りが良ければ収支ももっと上がっていたのですが、月末ということと、輪番休業の影響などでホール側も利益の帳尻合わせをしているのでしょう。
ホールも企業ですから、会社としての利益計画に基づいて営業しているわけで、仕方がないのかもしれませんね。

ところで、ここ最近の自身の実践記録を振り返ってみると、マンネリ化していることに気が付きました。
今後についてはもっと好奇心を奮い立たせて、昔のようにいろんな攻略法をいろんな機種で実践しようと思います。

新海物語アグネスラム


| 2011年08月28日パチンコ実践日記(2011年〜) このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

貴重な情報はまずメルマガで配信します。

最新記事はTwitterでも読むことができます。
フォローはご自由に。

Twitter-1.png

プロフィール

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。今は当ブログだけが生きがい。