前日大ハマリで閉店を迎えた台は翌日の大当たりが早いのか?:大市民の「百戦危うからず!」

前日大ハマリで閉店を迎えた台は翌日の大当たりが早いのか?

今週は、ある実験をすることにしました。
テーマは、朝一での大当たりが早い台です。

というのは、元ホール店長の方が書いているあるブログの中で、朝一での台の選び方という記事が書いてあったのです。
その記事によれば、

「前日の閉店時に、一番ハマッている台を次の日の朝一に打つ。」

これだけで、比較的早い段階で大当たりを引く可能性が高くなるというのです。

その理由として、今の台にはバックアップシステムというものが付いていて、これは電源が落ちてもデータが消えないようになっているシステムで、例えば確変中に電源を切っても、確変は消えないということがあげられます。

ホールでは、確変中や時短中のまま閉店を迎えてしまった台は、確変持ち越しオーケーの店以外は初期化(ラムクリアという)します。
そして、それ以外の場合はラムクリアをしません。

つまり、前日最後にハマッた台は、次の日もそのままの状態ということらしいです。

そして興味深いのは、この元店長さんは現役時代、1000回転以上ハマッている台とそうでない台の朝一の立ち上がりを調べたことがあるらしいのです。
すると、やはりハマッている台の方が次の日の朝一の立ち上がりは良かったということです。

もしこれが本当なら、活用しない手はないですね。
なぜなら、誰でも簡単に出来て、確実に収支を上げることができる方法なのですから。

まあ、本当ならばという条件付きですけど・・・。

さて、そういう台を全部ピックアップしておいて、次の日の朝から片っ端から打っていけば、一体どれくらい稼げるのでしょうか?
さっそく検証してみた。

結果は・・・。

2日間で10台打ち、大当たりを引いたのは1回だけ。
しかもその1回の大当たりというのは、「花の慶次〜愛」での2R通常という悲しい結果に終わってしまいました。
つまり出玉は無しです。

この2日間の実践はいずれも朝一からの実践でした。
とにかく自分が打った台のその後の展開を見て復習し、もう1〜2回だけ試してみようと思います。

【2日間の投資額】
52,500円

【2日間の回収額】
0円

【2日間の収支】
−52,500円

| 2010年05月25日パチンコ攻略実験室 このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

貴重な情報はまずメルマガで配信します。

最新記事はTwitterでも読むことができます。
フォローはご自由に。

Twitter-1.png

プロフィール

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。今は当ブログだけが生きがい。