データ攻略の限界:大市民の「百戦危うからず!」

データ攻略の限界

昨日の実践結果です。

1軒目のホールでは3,000円だけ使って大当たりは引けず、店を出ます。

2軒目のホールでは「必殺仕事人4」、「サイボーグ009」、「スケバン刑事」などに計10,500円使ったあと、「海物語桜MAX」で座って1,000円でオスイチを決めますが、単発で終了してしまい、その後全部飲まれてヤメ。

続いて「牙狼」を打ち、また座って1,000円でオスイチを引いて3連チャンしたところで即ヤメ。
13,000円を換金して店を出ます。

そして3軒目のホールでは、4機種6台に計9,000円使いましたが、ノーヒットで終わりました。

【投資額】
24,500円

【回収額】
13,000円

【収支額】
−11,500円

年が明けてから、ひとつの台選び基準でずっと毎日パチンコを打ち続けてきましたが、収支は思ったほど伸びてくれません。

その基準というのは、「本日の大当たり回数」と「現在の回転数」という2つのデータであり、その2つのデータだけを見てパチンコを打っていたのでは、投資額を厳守しても、せいぜい収支をトントンにするのが精一杯だということがわかってきました。

そこで今後は、“平面的”な台選び基準から“空間的”な台選び基準に変えて実践を繰り返してみようと思います。
もちろん、ある程度の再現性を求めることに変わりはないので、あるルールに基づいた立ち回りをします。

詳しいことは次回のメルマガで書こうと思います。

CR牙狼
ガロ


| 2012年01月18日パチンコ攻略実験室 このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

貴重な情報はまずメルマガで配信します。

最新記事はTwitterでも読むことができます。
フォローはご自由に。

Twitter-1.png

プロフィール

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。今は当ブログだけが生きがい。