久しぶりの1000回転ハマリを経験:大市民の「百戦危うからず!」

久しぶりの1000回転ハマリを経験

昨日は朝一から波攻略で打ってきました。
いろいろと反省、そして気付きのあった実践となったので、そのことについて書こうと思います。

事前の準備としてはいつもの通り、見込み台を複数ピックアップしてからホールに行きました。
8台選んでおいた見込み台のうち、まずは本命台の1台に座って打ち始めます。

しかしこの台が極端に回りが悪く、1,000円打って13回転しかしません。
これでは長丁場の勝負に不利なので、別の見込み台で空き台が無いかを見てみること。

幸い、この時点で他の見込み台に1台だけ空き台があったので、その台に賭けることにしました。

この台、実際に打ち始めてみると回りは悪くないものの、とくに良い動きはなく、淡々と回転を消化するという感じでした。

「これでは当たりを引くまでにちょっと時間がかかるかも・・・」と思いながらも、この時すでにシマは満席状態だったので、自分の選んだ台を信じてこの台に賭けるしかありません。

そして投資26,000円の527回転目に確変大当たりを引いて6連チャン!
一気にドル箱8箱となり、収支もこの時点でプラス1万円くらいになりました。

さて、ここでこの日1回目の判断ミスをしてしまいます。
もしこれが投資1万円くらいでの大当たりなら、そこそこの勝ち額となるので即ヤメしていたでしょう。

でも、この日はすでに計27,000円投資しているので、さらに大きな勝ちを狙って継続勝負することを選択しました。
そして結果は、なんと持ち玉を全部飲まれて1083回転でギブアップ・・・。

なんとも後味の悪い実践結果となったのでした。

【投資額】
27,000円

【回収額】
0円

【収支額】
−27,000円

この日打った台ですが、私がやめた後にまた盛り返していて、結果的には勝てる台だったのでした。
つまり、一番悪いヤメ時にやめてしまったということになります。

それに、初当たりが遅くて連チャンする台というのは、その後も同じ波を描く傾向があるので、本来なら最初の連チャン終了後に即ヤメするべきでした。
また、それでも継続勝負するならトコトン打てよという話です。

昨日の私はどっちつかずの状態でした。
しかも、いつもなら1000回転まで打ち込むことなんてまずないのに、ドル箱4〜5箱も打ち込むと「ここまで打ち込んで3箱残してもしょうがない!」という精神状態になっていました。

そんなわけで、全てにおいて判断ミスをしてしまったという反省だけが残ります。

ちなみに他の見込み台は、8台中7台は大きく勝てる結果となっていたので、台選びは間違っていません。
台選びは間違ってなくても、ヤメ時の判断ミスだけでこれだけ大きな収支の差になるところが、パチンコの難しいところだと改めて感じた実践でした。

| 2012年02月21日パチンコ実践日記(2011年〜) このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

貴重な情報はまずメルマガで配信します。

最新記事はTwitterでも読むことができます。
フォローはご自由に。

Twitter-1.png

プロフィール

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。今は当ブログだけが生きがい。