サイフに5千円だけ入れてパチンコを打つメリット:大市民の「百戦危うからず!」

サイフに5千円だけ入れてパチンコを打つメリット

昨日の実践では、ちょっと面白い試みをしてみました。

私は常にサイフに3万円以上入ってないと落ち着かないタチです。
でもこの週末にいっぱい買い物をしたせいで、月曜日の時点で私のサイフの中には5千円しか入っていませんでした。

いつもならパチンコを打つ前に銀行に寄り、軍資金を補充してからホールに行くのですが、この日はあえてこの5千円で勝負してみようという気になったんです。

「サイフに1万円だけ入れてパチンコを打て」とかいうことを一つの資金管理の言葉としてよく使ったりします。
でも私はこういった言葉というのを、少し小馬鹿にしていたところがありました。

というのは、「そんなのは意思の弱い人だけに有効な方法だ。たとえサイフに10万円入っていたとしても、1万円しか使わなければいいだけの話だろう?」なんて思っていたからです。

でも、実際に5千円だけしか持たずにパチンコを打つ、ということはとても深い意味があるのだということを、身をもって経験することが出来ました。

何でも実際にやってみないとわからないということですね。
反省すると同時に、まさに目からウロコが落ちたような気分です。

実践ですが、結果から言うと「CR大海物語2」を打ち、500円で見事オスイチが決まって2連チャン。
即ヤメして勝ちを確定し、さっさと帰宅しました。

昨日はいつも行くホールがけっこう稼働率が高かったということもあり、空き台はそんなに多くはありませんでした。
だからといって、空き台を片っ端から打っていったのでは、あっというまに5千円が無くなってしまいます。

なので、周囲の状況とデータランプを見ながら慎重に台選びをするんですね。

そして、せっかく手持ちの5千円が1万4,500円になったんだから、そのお金を減らすのが嫌なので即ヤメして帰宅しよう・・・という気持ちになるのです。

パチンコを打つ上で、勝ち逃げするというのは凄く大事だと私は思っています。
昔の常識に捉われた人の中には、「換金差のあるホールで持ち玉があるうちはトコトン打たないと損」なんていう人もいますが、私に言わせればそれは時と場合によるんです。

この日の実践の場合、「CR大海物語2」のシマは稼働率が高く、シマの奥の方にしか空き台はありませんでした。
そしてこのシマの奥というのは普段から稼働率があまり高くないせいもあり、粘っても飲まれることの方が多いのです。

持ち玉で粘って大勝ちを狙うのであれば、朝一からシマの手前の方の稼働率が普段から高い台の中から波をしっかり読んで勝負!というのが正解です。

でもオスイチ狙いというのは、たとえそんなに良い波の台ではなくても、少ない投資でオイシイところだけ頂こうという立ち回りです。
そういう根拠での立ち回りなので、大当たりを引いて持ち玉になったから粘るというのは、やっぱりちょっと違うんですね。

【投資額】
500円

【回収額】
10,000円

【収支額】
+9,500円

ちょっと話がそれましたが、5千円しか持たずにパチンコを打つメリットというのは、単に最大負け額を5千円に抑えることができるというだけではありません。

例えばいつもの私なら、他の新台とか、いまだにオイシイ思いをしたことが無い「ガロ3」なんかも2〜3台打ったりします。
でもこれまでの実践記録から判断すれば、よほど良く出している日にしかそういったシマで勝負するのは損だという気持ちになりますし、だったら少しでも期待値の高いシマで打とうということになります。

というワケで、サイフの中に5千円だけのお金を入れてパチンコを打つというのは、かなりお勧めです。

CR大海物語2
CR大海物語2


| 2012年06月05日パチンコ実践日記(2011年〜) このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

貴重な情報はまずメルマガで配信します。

最新記事はTwitterでも読むことができます。
フォローはご自由に。

Twitter-1.png

プロフィール

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。今は当ブログだけが生きがい。