勝負するシマは慎重に選ぼう:大市民の「百戦危うからず!」

勝負するシマは慎重に選ぼう

今日は「デラックス海物語」と「大海物語2」の2機種に絞って見込み台を絞ってホールに行きました。

でもホールに入ってみると、今日は海のシマはあまり出ていませんでした。
積んであるドル箱も2〜3箱がせいぜいで、これではあまり期待が持てないと思いながらの実践となりました。

打ったのは「デラックス海物語」で大当たり6回、215回転の台。
そして5,000円打ち、ほとんど何も起こらないまま、333回転でヤメ。
今日のこの雰囲気では、これ以上打つ気にはなれませんでした。

そしてその後、「ぱちんこ冬のソナタ Final」で空き台が1台あったので打ってみることに。
大当たり6回、558回転で捨てられているダメ台だったので、深追いはせずに3,000円だけ使って大当たり引けず、ヤメ。

ついでに「北斗5」でも空き台があったので打ってみることに。
大当たり16回、310回転という狙い頃の台でしたが、ここまですでに8,000円使っているので、2,000円だけ打ってヤメ。

最初にこの台を見つけていれば、1万円を上限に打ってみるという立ち回りをしていたでしょう。
そういう意味で、今日の立ち回りは「間が悪かった」ということですね。

【投資額】
10,000円

【回収額】
0円

【収支額】
−10,000円

今日はシマの雰囲気から見て、「デラックス海物語」にお金を使うべきではなかったかもしれません。
北斗5と冬ソナのシマだけよく出ていたので、最初からそのどちらかで勝負すべきでした。

| 2013年03月11日パチンコ実践日記(2011年〜) このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

貴重な情報はまずメルマガで配信します。

最新記事はTwitterでも読むことができます。
フォローはご自由に。

Twitter-1.png

プロフィール

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。今は当ブログだけが生きがい。