2008年〜2009年のシミュレーション結果:大市民の「百戦危うからず!」

2008年〜2009年のシミュレーション結果

大市民です。

さてさて、今回は2008年と2009年のシミュレーション結果、いってみましょう。

その前に、2001年から2007年まで(7年間)の資産の推移です。


1.FXに興味あるし、積極的に攻めて夢を実現するぜよ派

300,000円→463,856円→694,424円→1,315,320円→1,906,952円→2,841,096円→4,994,696円→7,380,296円


2.FX嫌いだし仕事も忙しくて時間も無いけど、老後のために貯蓄しなきゃねー派

300,000円→470,176円→660,856円→1,391,448円→2,271,032円→3,316,200円→3,429,100円→4,331,500円


育ってきましたねー(笑)。

とくに「1.」の方なんかは、これくらいまで資産が増えれば安全策を取って、余裕資金の幅を大きく設定し直してもいいですね。

誰だって自分の人生、出来るだけ余裕を持って過ごしたいと思うだろうし、保全策を講じるのも一つの賢い判断だと思います。

それに、ここまで資産が増えればもう、その後の人生において、お金で苦労することは無くなります。
つまり、8〜9年で人生の安心を得た状態になることが出来るわけです。

その境地までいけば無理に資産増加を急ぐ必要は無く、ゆとりを持った資産運用をすればいいのですから。


さて、それでは2008年のシミュレーション結果からいきましょう。

1.FXに興味あるし、積極的に攻めて夢を実現するぜよ派

20万通貨〜27万通貨での取引

1月  +652pips
2月  +642pips
3月  −671pips
4月  +875pips
5月   −15pips
6月  −341pips
7月  +135pips
8月  +511pips
9月  +228pips
10月 +1494pips
11月 −1002pips
12月 +503pips


年間トータル成績・・・・・・+3011pips
年間トータル収支・・・・ +7,330,300円
差し引かれる税金・・・・・ 1,466,060円
一ヶ月の平均ポジション保有回数・・25回
資産の増減・・・・7,380,296円→13,244,536円


2.FX嫌いだし仕事も忙しくて時間も無いけど、老後のために貯蓄しなきゃねー派

14万通貨〜16万通貨での取引

1月  +409pips
2月  +245pips
3月  −411pips
4月   −21pips
5月  +143pips
6月   +42pips
7月  +203pips
8月  +406pips
9月   −10pips
10月 +1485pips
11月 −421pips
12月 +488pips


年間トータル成績・・・・・・+2558pips
年間トータル収支・・・・ +4,011,400円
差し引かれる税金・・・・・・ 802,280円
一ヶ月の平均ポジション保有回数・・16回
資産の増減・・・・4,331,500円→7,562,100円


続いて、2009年のシミュレーション結果です。

1.FXに興味あるし、積極的に攻めて夢を実現するぜよ派

37万通貨での取引

1月  +450pips
2月  +778pips
3月  −109pips
4月  −239pips
5月  −150pips
6月  −714pips
7月  +197pips
8月  +544pips
9月  −344pips
10月 +449pips
11月 +126pips
12月 +727pips


年間トータル成績・・・・・・+1715pips
年間トータル収支・・・・ +6,345,500円
差し引かれる税金・・・・ ・1,269,100円
一ヶ月の平均ポジション保有回数・・25回
資産の増減・・・・13,244,536円→18,320,936円


2.FX嫌いだし仕事も忙しくて時間も無いけど、老後のために貯蓄しなきゃねー派

24万通貨での取引

1月   +92pips
2月  +479pips
3月  −216pips
4月  −469pips
5月  −105pips
6月  −309pips
7月  +101pips
8月  +672pips
9月  −422pips
10月 +807pips
11月 +442pips
12月  +82pips


年間トータル成績・・・・・・+1154pips
年間トータル収支・・・・ +2,769,600円
差し引かれる税金・・・・・・ 553,920円
一ヶ月の平均ポジション保有回数・・15回
資産の増減・・・・7,562,100円→9,756,300円


2008年は、世界の経済界に激震が走った年でもあります。
そう、リーマンショックが起こった年ですね。

2008年9月15日、この日を境にして続発的に世界的金融危機が発生し、相場のボラティリティは極めて高くなりました。
この事件以降の乱降下する相場を前に、世のトレーダー達が日々翻弄されたであろうことは容易に想像がつきます。

そんなアタフタしている人たちを尻目に見つつ、決められたルール通りに淡々と作業をこなしていくことが最強の必勝法です。

そもそも、いくら相場が予想しない動きをしようが、その動きには“上がる”か“下がる”かしかありません。
それ以上の変化などあるわけではないのに、人間の方が勝手に右往左往して自滅するのが世の常です。

ましてやデイトレーダーにとって、“相場は動いてナンボ”。
そういう流れの時に大きく収支を伸ばすことが出来る手法こそが、“本物”だと言えるのですよ。

もちろん、私の手法もそういったボラティリティの高い相場は大好物であり、2008年度は大きく資産を増やす結果となりました。


さて、そして相場の動きは2009年に入った辺りから落ち着きを取り戻し、その後は非常に穏やかな相場が続くことになります。

そうなると今度は、“相場は動いてナンボ”とは正反対の状況となるわけであり、収支はあまり伸びなくなります。
結果、2009年の資産増加率も低くなっていますね。

しかしこれは、まだ序章でした。
リーマンショックによって世界中の投資家が退場を余儀なくされた結果、2010年以降の数年間は、まるで水を打ったような静かな相場が続くことになるのです。

その辺りのことは、また次回に書くことにしましょう。
非常に面白くもあり、また、世界経済や人生のキビを感じることが出来る内容になるかと思います。


それでは今回は以上です。
ではまた。

| 2016年06月27日FX関連 このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

貴重な情報はまずメルマガで配信します。

最新記事はTwitterでも読むことができます。
フォローはご自由に。

Twitter-1.png

プロフィール

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。今は当ブログだけが生きがい。