2012年〜2013年のシミュレーション結果:大市民の「百戦危うからず!」

2012年〜2013年のシミュレーション結果

どうも、大市民です。

今回は2012年と2013年のシミュレーション結果を検証することになりますが、手強い相場環境において、なかなかの苦戦を強いられています。
詳細は後述するとして、まずはこれまで(2001年〜2011年)の資産の推移を確認しておきましょう。

1.FXに興味あるし、積極的に攻めて夢を実現するぜよ派

300,000円→463,856円→694,424円→1,315,320円→1,906,952円→2,841,096円→4,994,696円→7,380,296円→13,244,536円→18,320,936円→18,637,976円→20,123,736円


2.FX嫌いだし仕事も忙しくて時間も無いけど、老後のために貯蓄しなきゃねー派

300,000円→470,176円→660,856円→1,391,448円→2,271,032円→3,316,200円→3,429,100円→4,331,500円→7,562,100円→9,756,300円→13,240,300円→12,780,600円

ここまで、完全に杓子定規な方法で、しかも一日わずか5分程度の仕込みをするだけの極めて単純な方法にもかかわらず、これだけの資産を構築する結果となりました。

さあ、問題は今回シミュレーションする2012年〜2013年です。

世界経済の歴史に残るほどの大恐慌をもたらした“リーマンショック”が2008年に勃発。

そして前回説明した通り、その後遺症が本当に深刻となるのは、リーマンショック発生から2〜3年以降です。
ちょうどその辺りから、影響をモロに受けた企業の体力が持たなくなり、リストラや倒産が相次ぐことになるからです。

そして、この大恐慌がひと段落ついた後の世界こそが、トレードを行う環境としては、もっとも注意が必要とされます。

トレードは、ゼロサム・ゲームの世界。
つまり、誰かが利益を得た分だけ、それと同じ金額を誰かが損しているという図式です。

リーマンショックを乗り切った“ただ単に運の良かった者”と、生き残るべくして生き残った“勝ち組への壁を越えた者”が存在し、その他大勢の人々が淘汰された中で、一体どれほどの利益を享受することが出来るというのでしょう?

ゼロサム・ゲームであるトレードの世界で、これまで私たちに利益を与えてくれた大勢の人たちは、市場から去っていってしまいました。
もはや今、闘いのリング上にいるのは強者だけです。

これこそまさに、“魔物が棲みついている状態”だと思いませんか?

ただ一つ確かなことは、今後もさらに生き残る者は間違いなく“勝ち組の壁を越えた者”であり、私たちはそこを目指さなくてはならないということです。

そんな状況を踏まえた上で、まずは2012年のシミュレーション結果から見てみましょう。

1.FXに興味あるし、積極的に攻めて夢を実現するぜよ派

61万通貨〜74万通貨での取引

1月  +399pips
2月  −357pips
3月  +382pips
4月   +15pips
5月  +296pips
6月  +298pips
7月  −329pips
8月  −202pips
9月  +296pips
10月 −215pips
11月 +394pips
12月  +68pips

年間トータル成績・・・・・・+1045pips
年間トータル収支・・・・ +6,390,100円
差し引かれる税金・・・・・ 1,278,020円
一ヶ月の平均ポジション保有回数・・27回
資産の増減・・・・20,123,736円→25,235,816円


2.FX嫌いだし仕事も忙しくて時間も無いけど、老後のために貯蓄しなきゃねー派

49万通貨での取引

1月  +216pips
2月  −191pips
3月  +189pips
4月   −87pips
5月  +359pips
6月   −14pips
7月  −260pips
8月  −24pips
9月  +137pips
10月 −210pips
11月 +177pips
12月  +89pips

年間トータル成績・・・・・・ +381pips
年間トータル収支・・・・ +1,866,900円
差し引かれる税金・・・・・・ 281,440円
一ヶ月の平均ポジション保有回数・・17回
資産の増減・・・・12,780,600円→14,366,060円


続いて、2013年のシミュレーション結果です。

1.FXに興味あるし、積極的に攻めて夢を実現するぜよ派

74万通貨での取引

1月  −234pips
2月  −180pips
3月  −467pips
4月  −404pips
5月   −96pips
6月  −234pips
7月  +255pips
8月  +479pips
9月  +571pips
10月 −122pips
11月 +327pips
12月 −277pips

年間トータル成績・・・・・・ −382pips
年間トータル収支・・・・ −2,826,800円
差し引かれる税金・・・・・・・・・ 0円
一ヶ月の平均ポジション保有回数・・26回
資産の増減・・・・25,235,816円→22,409,016円


2.FX嫌いだし仕事も忙しくて時間も無いけど、老後のために貯蓄しなきゃねー派

49万通貨での取引

1月  −384pips
2月   −35pips
3月  −274pips
4月  −279pips
5月   +19pips
6月  −333pips
7月  +220pips
8月  +100pips
9月  +329pips
10月  −1pips
11月 +327pips
12月 −105pips

年間トータル成績・・・・・・ −416pips
年間トータル収支・・・・ −2,038,400円
差し引かれる税金・・・・・・・・・ 0円
一ヶ月の平均ポジション保有回数・・17回
資産の増減・・・・14,366,060円→12,327,660円


2年間での資産の増減を合計すると、「1.」は+2,285,280円、「2.」は−452,940円となりました。

さて、リーマンショック以降のこの低迷ぶりを見て、あなたはどう思うでしょうか。

リーマンショックの後遺症が色濃く残る状態でこの結果ならば良しとするか、それともこんな相場でも十分な利益を獲れる手法を模索するか・・・。

念のため断っておきますが、私は2001年以降、ずっと同じルールでのシミュレーションを行っています。
リーマンショックが勃発しようが、その後数年間の低迷期が続こうが、全く条件を変えずに一貫したルールに基づいた行動を基にした結果の数字が上記のものです。

逆に言えば、だからこそ“魔物が棲みついている状態”においても、飄々と生きながらえていると言えます。

これがもし、僅かな利益しか享受出来ない市場環境であるにもかかわらず、これまでのように、或いはそれに近い利益を無理に得ようともがいたらどうなるか?
私がこれまでDOCセミナーで多くの人たちの現実を見てきた経験からすれば、おおよその結果は想像がつきます。

それは例えるなら、大渋滞している高速道路で皆が時速20kmでノロノロ運転を余儀なくされているところを、オートバイに乗って時速100kmで突っ走るようなものです。

確かな運転技術を持った者であれば、事故を起こすこと無く目的地まで行けるだろうし、目的地までの到着時間も大幅に短縮することが出来るかもしれません。

しかし、そうでない者は間違いなく事故を起こしてしまい、目的地にたどり着くことなくリタイアしてしまう羽目になります。

だったら最初から流れに逆らわずに自分も時速20kmで走り、多少時間はかかったとしても、安全・確実に目的地まで到達する方を選択することを、私は心からお勧めします。

なぜなら、投資も安全運転さえしていれば、必ず目的地には到着出来るのですから。

もしあなたが医者から余命3年と言い渡されているのであれば、私には何も言う権利はありません。
でも、少なくとも今後10年以上生きることが前提であるなら、多少の回り道をしても、将来の安心とワクワクを確実に享受出来る道を進みなさいよと私は声を大にして言い切ります。

人生、生きていれば良い時も悪い時も交互に訪れる。
片方だけを望み、もう片方は排除したいだなんて、そんな虫の良い話はありません。

そして、リーマンショックで最悪となった市場環境も永遠に続くわけではなく、徐々に回復していくものです。

その兆しは2014年になってようやく見え始めることになるのですが、それはまた次回に譲ることにしましょう。


それでは今回は以上です。
ではまた。

| 2016年07月02日FX関連 このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

貴重な情報はまずメルマガで配信します。

最新記事はTwitterでも読むことができます。
フォローはご自由に。

Twitter-1.png

プロフィール

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。今は当ブログだけが生きがい。