「ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝〜かがやき〜」の感想:大市民の「百戦危うからず!」

「ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝〜かがやき〜」の感想

「近いうちに感想を書きます」と言いながら、ずっとほったらかしにしていたFX商材の感想を、今回ようやく書こうと思います。

【FX情報商材】
ぷーさん式トレンドフォロー手法トレードマニュアル輝

自分の商材を販売することを決めた際に、「他のFX商材はどれほどのレベルなんだろう」という興味がわき、いろいろと調べて初めて購入したのがコレです。

ネット上では結構評判が良いらしく、価格も1万円ポッキリという手頃感もあって試しに買ってみたワケですが・・・。

実は、いまだに全部読んでいません。
だから今まで感想を書かなかったんですが、たぶんこれからも読むことは無いと思います。

教材は動画がメインとなっているので、厳密に言うと“読む”ではなく“見る”なのですが、著者のぷーさんの話に無駄なところが多い印象で、長時間聞くのはちょっと苦痛だなあと、私なんかは思ってしまいました。

トレード手法は4時間足を見てのスイングトレードで、下降トレンドから上昇に転じるタイミングを見極めてポジションを取り、大きな利益を狙うというものです。

ただこれだと、ポジションを持つ条件がかなり限定されてしまうので、トレードする回数はかなり少なくなってしまうでしょう。

トレード回数を抑えることは悪いことではありませんが、なんせこの手法は4時間足です。
つまり、一本のローソク足が作られるのに4時間かかることになるので、理想的なチャートが形成されるまで、下手すれば1〜2週間待たないといけないのではないかと思うのですが・・・。

作者いわく「複数通貨を見ることでチャンスを確保することができる」とありますが、チャートの動きは連動しているので、それもなかなか難しいのではないでしょうか。

たしかに、過去の4時間足チャートをずーっと遡っていき、「ここがトレードポイントです」と言われれば何となくわかるのですが、人は今を生きているんです。

それに、この手法では利が乗れば、相当長い期間ポジションを持ち続けなければなりませんが、そういうトレードというのは、実は究極的に難しいのです。

例えば100円で買ったポジションが102円になった時に、多くの人はガマン出来ずに利食ってしまうものです。

けれどもそれじゃあ、この商材のトータルで勝てる根拠となる“損少利大”とはならないし、しかも利食いも裁量なので、精神的な難易度は相当高いのではないかと思います。

そういう意味で、この商材はあまりにも気の長い手法であり、セールスページに書かれてある事とは正反対に、難易度が高く、逆に再現性は低いものであると感じました。

ただ、少しフォローしておくと、すごく良いことも言ってはいるんです。
例えば、

・単純なことを単純にやれば勝てる
・わかりやすいポイントまで待つ
・勝率は3割でもいい
・負けをコントロールする者はトレードを制す

これは全くその通りであり、異論の余地はありません。

でも、やっぱり手法そのものが、あまりにも実戦的でないというか、机上の理論なのではないかという気はします。

ちなみにこの商材を購入したあと、購入者用サポートメールに登録すると、同じ作者さんの書いた別の商材である「優位性を目でハッキリと見えるようになるためのトレード講座 光〜ひかり〜」の紹介があったりします。

実はこっちの商材がメインで、こっちを売りたいのかもしれません。
購入する予定は無いので、こっちの内容はわかりませんが。


大市民の無料メール講座

金銭的なことで悩んでいるすべての方へ。
「普通のサラリーマンや主婦といった極めて平凡な人たちが、
どうすれば億単位の富を生み出せるのか?」

私独自の視点で、その考え方や方法について語ります。
登録は以下から。

無料メール講座 「凡人が巨富を生み出す方法」
メールアドレス

| 2016年10月05日購入したFX教材の感想 このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

管理人

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
最近では50以上のパチンコ商材を購入し、このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行し、1億円の資産構築を目指す。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。当ブログだけが生きがいである。

お金持ちになる方法

banner2.jpg

一日1分〜5分の作業で
億万長者になる方法。
大市民流FX資産構築メソッド
メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

貴重な情報はまずメルマガで配信します。

最新記事はTwitterでも読むことができます。
フォローはご自由に。

Twitter-1.png