FX投資における、見えないコスト:大市民の「百戦危うからず!」

FX投資における、見えないコスト

今回は、FXでなかなか利益を上げることが出来ない物理的な理由の一つについて書いてみることにします。

おそらく多くの人が知らないことだと思うし、それを知ることで、無駄を少なくすることも可能になるはずです。

私は以前、FX会社はどこで利益を得ているのかを調べたことがあります。
というのは、海外のFX業者と比較して、日本のFX業者は異常にスプレッドが低いので。

もちろんこれは店頭FXでの話です。

結局は、スプレッドで利益を得ているという結論に至ったわけですが、そこにはどうやら秘密があるようです。

それは、FX業者で働いているディーラーが、ある程度レートを調整出来るということ。

つまり、いかに上手くスプレッドをぼったくれるかが、彼らの腕の見せ所というわけです。

おそらく、世の中のトレーダーがポジションを持つであろうタイミングを見計らって、ちょっとレートを操作したり、約定をスベらしたりするんでしょうね。

あと、決算期や月末なんかも注意が必要のようです。
利益が会社の目標に達していないと、上に書いたような操作を積極的にする可能性があるからですね。

そういった目に見えないコストが、多くのトレーダー達が勝てない原因の一つになっていると思います。

この点を理解した上で手法を確立している人というのは、本当に少ないでしょう。

だから皆、バックテストでは良いパフォーマンスを出しているのに、いざ本番となると勝てない。

そこまで裏の事情を知った上で、出来るだけ不利にならない手法を組み立てている人が一体どれだけいるでしょうね?

ちなみにFXの情報商材でのランキングで、この間1位だった商材なんて、1分足を見て一日に何度もポジションを取るという内容でした。

FXで不幸になってしまう人がまた増えると思うと、心が痛いですよ。

情報商材の業界も、FXの業界も、魑魅魍魎の世界です。

そんな世界でカモにされず、勝者側として生き残っていくためには、こちらにも知識と知恵が必要である・・・という話でした。

| 2016年10月23日FX関連 このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

管理人

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
最近では50以上のパチンコ商材を購入し、このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行し、1億円の資産構築を目指す。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。当ブログだけが生きがいである。