高樹沙耶さんの大麻所持逮捕で思うこと:大市民の「百戦危うからず!」

高樹沙耶さんの大麻所持逮捕で思うこと

元女優の高樹沙耶さんが大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されましたね。

けれども現時点では本人は「私のものではない」と容疑を否認しているようで、大麻反応を調べる尿検査の結果の声も聞こえてきません。

ここがちょっと不思議だと私なんかは思います。

今回の逮捕に関する報道姿勢は、「印象操作」が行われているように感じました。
完全に「やっぱりやってたのか」という論調になってますしね。

そこで、「近いうちに何かあるのかな?」と思ってちょっと調べてみたら、こんな記事を見つけました。

大麻合法化はドラッグ戦争終結の切り札となるか

アメリカでは州ごとに大麻の合法化が進んでいますが、日本からの旅行者や留学生も多いカリフォルニア州で大麻が合法化されると、その影響は相当なものになるでしょう。

なぜなら、日本人であってもアメリカに旅行すれば、大麻を気軽に楽しむことが出来るようになるのですから。

そういえば今日のお昼の番組で、若い弁護士が「日本人が海外で大麻を吸っても違法になります」なんてわざわざ喋っていましたが、高樹沙耶さんの逮捕と日本人が海外で大麻を吸うのとは関係無いのにねえ。

これも(暇なので)調べてみてわかったことですが、先進国においては、大麻に対するイメージは随分変わってきているようです。

大麻成分入りの様々な製品が登場し、今や大きなマーケットを作っていて、日本のように反社会的なイメージや、肺ガンのリスクがあるとか時代遅れなことを言う人はいないのだとか。

また、つい最近のこんなニュースも見つけました。

「町おこし」大麻栽培の男逮捕=所持容疑「使うため」

この「八十八や」の逮捕と言い、ここ最近、急に医療や産業の面で大麻合法化を訴えていた人が逮捕され始めたようです。

日本において医療利権は超巨大ですからね。
例えば新しい抗がん剤を一つ開発すれば、もの凄いお金が動くわけですから。

そんなおいしい話が、その辺に生えている草に取って代わられてたまるか!ということなのかもしれませんね。


■いろいろと終了しました

この10月末で、2年間に渡って行ってきたDOCセミナーが終了を迎えました。

DOCはこれまで3期行ってきたけれど、私がFXでの手法を指導をした場合、一年間の実践でプラス収支となる受講生は全体の9割くらいのようです。

そして、一か月間のメソッド実践メールセミナーも終了しました。

メソッドでの、この10月のトータル成績は+9.4pips。
まあ、今月に関しては実り少ない月だったと言えます。

一方、メソッド実践メールセミナーでの結果が+239.7pips。
裁量を含んだ判断をすることで、これだけの差が生じる結果となりました。

ただ、結果的には一ヵ月でこれだけの差が付いたけれども、期待値としてはここまでの差は付かないと思います。

ほんの少しの裁量を加えることでどれくらい有利な資産運用が出来るのかは、最大ドローダウンも含めて、これからボチボチ過去のチャートを時間をかけて検証するつもりです。

まあ、億までの道のりが大幅に短縮されるという予想はしています。

無裁量では15年かかるものが、裁量を含めれば7〜8年程度で達成出来るのではないかと予想しているんですが・・・。

結果はメールマガジン及びブログで書くつもりなので、興味のある方はチェックしておいて下さい。


■今週のシミュレーション結果

大市民流FX資産構築メソッド(人生設計プロジェクト)

10月24日〜28日・・・+50.9pips(10月トータル +9.4pips)


大市民の無料メール講座

金銭的なことで悩んでいるすべての方へ。
「普通のサラリーマンや主婦といった極めて平凡な人たちが、
どうすれば億単位の富を生み出せるのか?」

私独自の視点で、その考え方や方法について語ります。
登録は以下から。

無料メール講座 「凡人が巨富を生み出す方法」
メールアドレス

| 2016年11月01日FX関連 このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

管理人

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
最近では50以上のパチンコ商材を購入し、このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行し、1億円の資産構築を目指す。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。当ブログだけが生きがいである。

お金持ちになる方法

banner2.jpg

一日1分〜5分の作業で
億万長者になる方法。
大市民流FX資産構築メソッド
メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

貴重な情報はまずメルマガで配信します。

最新記事はTwitterでも読むことができます。
フォローはご自由に。

Twitter-1.png