メソッド+(プラス)での検証開始:大市民の「百戦危うからず!」

メソッド+(プラス)での検証開始

先週、「メソッドを基本とした実践メールセミナーを考えている」と書きました。

が、しかしどの程度の効果が期待出来るのかをまずは弾き出さないと、やるかどうかの判断は出来ません。

その判断基準として、億の資産形成までの時間短縮が、どの程度のものになるかをシミュレートする必要があります。

ところで、なぜ時間短縮する必要があるのかという話ですが・・・。

完全無裁量でやるっていうのは、相場観など必要無いし、楽だし、選択で迷うこともないので、割り切れれば最高のやり方だとは思います。

ただ、それはそれでまた、別の大きな壁をいくつか乗り越えなければなりません。

その最たるものが“時間”です。

というのは、私のブログの読者さんにはけっこう高齢の方が多いんです。
言葉は悪いですが、文字通り「老い先短い方」が結構いたりするわけで・・・。

つい先日も、「15年先は生きているかどうかわからないが、10年なら何とか生きている可能性は高い」なんていう、半分冗談、でも笑えないような内容のメールをもらいました。

まあ、当の本人は将来への希望を強く感じておられるようでしたが、でもそれが焦りに繋がってしまってはマズいし、そこが不安要素でもあります。

また、高齢の方じゃなくても、そんな悠長なことを言ってられない人もいるようだし、少なくとも4〜5年で目途が立つようなものじゃなければ厳しいかもしれないという気はします。
複利による資産運用というのは、最初の数年間がネックですからね。

資産がある程度の金額になれば楽なんだけれども、そこまで持っていくまでの数年間がまどろっこしいのです。

例えば、1,000万円貯めるまでに7〜8年要するのが無裁量での感覚とすれば、これを4〜5年で1,000万円までもっていくことが出来ればいろんな意味で恩恵が出てくるわけです。

そこまでいけば、あとは3〜4年で一気に1億までもっていくタイトなチャレンジも不可能ではないし、無理せず資産運用するという選択も出来る。

つまり最初の4〜5年でそこまで達したら、あとはどうにでも料理することが出来るんです。
その頃にはもう、スキルは身に付いているのだから。

そういう事で、裁量判断での検証というものを今回初めて行うわけですが、基本的な検証ルールは前回と同じです。

具体的には、開始時の資金を30万円からスタートすると仮定し、利益が出た場合はその分に該当する税金を差し引き、残った資金を次年度以降も運用していくというリアルなシミュレーションです。

なお、過去チャートは「フォレックス・テスター2」というソフトを使用しますが、一番古いデータに限りがあるため、2001年度に関しては、1月15日からの検証結果となります。

それでは、2001年度の検証結果を見てみましょう。
なお、無裁量での判断と比較するために、カッコ内に無裁量での数字を書いています。


■大市民流資産構築メソッド+若干の裁量判断(カッコ内は無裁量での数字)

1万2,000通貨〜1万8,000通貨での取引

1月  − 86pips(−227pips)
2月  + 66pips(+164pips)
3月  +498pips(+426pips)
4月  +151pips(− 67pips)
5月  +645pips(+492pips)
6月  +173pips(+ 6pips)
7月  −266pips(−298pips)
8月  +344pips(+290pips)
9月  +968pips(+949pips)
10月 +217pips(+154pips)
11月 + 35pips(− 37pips)
12月 +406pips(+355pips)


【2001年のシミュレーション結果】

年間トータル成績・・・・・・+3151pips(+2207pips)
年間トータル収支・・・・・ +480,360円(+204,820円)
差し引かれる税金・・・・・・・96,072円(40,964円)
一ヶ月の平均ポジション保有回数・・・18回(22回)
資産の増減・・300,000円→684,288円(300,000円→463,856円)


2001年度に関して言えば、一か月あたりの平均成績は+78pipsほどの改善という結果となりました。

ひいき目無しのシミュレーションを心掛けたつもりですが、予想以上に成績が伸びましたね。

なお、裁量判断を行うことによる最大のメリットは、平均成績の改善以上に、最大ドローダウンを抑えることにあります。

なので、どの程度の最大ドローダウンが予想されるかに関してだけは、事前にシミュレートしています。

結果的にはおそらく−800pipsまでには抑えられると思うので、今回のシミュレーションでは−1500pipsまで耐えられるという条件での資金計画としました。

無裁量判断でのシミュレーションでは最大ドローダウンは−1600pipsほど、資金計画では−2500pipsまで見ていたので、この差も大きいですね。

平均成績の底上げと、想定最大ドローダウンの緩和により、資産増加スピードにかなり大きな差がつくことになりそうです。

これは期待出来るかも。

引き続き検証作業を続けます。
ただし、ものすごく手間がかかるので、気長に待ってもらえればと思います。


■「大市民流FX資産構築メソッド」シミュレーション結果

大市民流FX資産構築メソッド(人生設計プロジェクト)

<今週の成績>
11月7日〜11月11日・・・+16pips(11月トータル +63.5pips)

米大統領選挙の影響からか、開票日まではほとんど動きの無い週となった。
開票日の11月9日はジェトコースターのような動きとなったが、条件が合致していなかったのでポジション保有は無し。
裁量判断でも、こんな日はポジションは持てない。


大市民の無料メール講座

金銭的なことで悩んでいるすべての方へ。
「普通のサラリーマンや主婦といった極めて平凡な人たちが、
どうすれば億単位の富を生み出せるのか?」

私独自の視点で、その考え方や方法について語ります。
登録は以下から。

無料メール講座 「凡人が巨富を生み出す方法」
メールアドレス

| 2016年11月13日FX関連 このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

管理人

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
最近では50以上のパチンコ商材を購入し、このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行し、1億円の資産構築を目指す。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。当ブログだけが生きがいである。

お金持ちになる方法

banner2.jpg

一日1分〜5分の作業で
億万長者になる方法。
大市民流FX資産構築メソッド
メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

貴重な情報はまずメルマガで配信します。

最新記事はTwitterでも読むことができます。
フォローはご自由に。

Twitter-1.png