人生をプロデュースする:大市民の「百戦危うからず!」

人生をプロデュースする

以前、私が勤めていた会社で、営業のエース的存在の人がこんなことを言っていた。

「ウチの部長は、すぐに結果が出ることを言えば喜ぶ。だから、そういう企画を出せばすぐ採用されるよ。」

これを聞いた時、なるほどと思うと同時に、なんとなく違和感を感じた自分がいた。

人はほんの数か月で出来ることを過大評価し、10年かけてようやく達成出来ることを過少評価する傾向にある。

「目先の利益」を重視するという世間一般の習慣は、多くの人たちの思考の中に先入観となって根付いてしまっている。

けれども本当に会社の未来を思うんだったら、目先の利益に捉われず、多少時間はかかっても本当にいいものを作った方が絶対にいい。

なぜなら会社というのは、これからもずっと存続することが前提なのだから。

自分の人生だって同じだ。

人生は限りあるものだが、だからこそ自分の人生をプロデュースしなければ、つまらない、もしくは辛い人生になってしまうだろう。

会社は失敗すれば倒産するが、人生を失敗すれば・・・
そんなこと、考えるのも恐ろしい。

それなのに、誰もがわずか2〜3ヶ月先に起こることで悩み、苦しみながら生きているのはなぜなのか?

日本人の平均寿命はオトコで80歳。オンナは86歳。

ということは、まだまだ先は長いし、下手すると100歳くらいまで生きるかもしれない。

そんな人生は想定してないぞ、どうする俺?

いや待てよ。

その前に普通は病気になるだろうし、もしかしたら交通事故で明日にも死ぬかもしれないぞ。

・・・どうする、俺?

・・・どう生きる、俺?

・・・・・・・・・・・。

大市民です。
たまにはこんな感じで書いてみるのも面白いでしょう?

さあ、それでは本編にいくとしましょう。
今回は、「自分の人生をどう生きるか」がテーマです。


メール講座 「凡人が巨富を生み出す方法」 第5回

目次
1.金持ち父さんと貧乏父さん。
2.うさぎとカメ。
3.雑談〜「視座を変えて見る」ということ〜。


1.金持ち父さんと貧乏父さん。

FXで資産を構築するために必要な考え方は2つあり、それは金持ち父さん、貧乏父さんの考え方に分かれる・・・と私は思っています。

そして世の中のほとんどの人は、貧乏父さんの考え方をしてしまうものだということを、私は常々感じます。

これまでに私あてに来た質問を読み返してみると、その内容は、「やり方」に関するものばかりです。

それは無理からぬことだと頭ではわかっているのですが、やはり溜め息が出てしまいます。

つい先日も、「これまでいくつかの商材を購入してきましたが、仕事が忙しくてFXに時間をかけることが出来ません」という相談メールをもらいました。

だから私のメソッドの購入を考えているというのですが、そういうことではないのです。

その考え方こそが貧乏父さんの考え方であり、それではいつまでたっても“ラットレース”から抜け出すことは出来ません。

この方のように、世の中の多くの人が貧乏父さんの考え方で行動し、なかなか思うような結果が出せずに苦労しているのが現状です。
なにもこれは、投資に限った話ではありませんが。

本当に大切なのは、「やり方」ではなく、「在り方」です。

つまり自分は「どう在るべきか」が芯に無いと、人生をしっかりと歩むことなんて出来ません。

金持ち父さんはまず始めにゴールを設定し、そのゴールに辿り着くためには何が必要で、何が必要でないかを考えます。

つまり、ゴールから逆算して計算するという考え方をします。

そして綿密な計画を立て、あとはその計画通りに行動しさえすれば、自動的にゴールインする状態にするのです。

その過程において必要とされないレベルを追求することなどしないので、悩むこともないし、迷うこともありません。

一方、貧乏父さんは目の前のことしか考えないから、いつも悩み、迷いながら生きています。

そして四苦八苦した挙句に、「俺は限界まで頑張ったが結果を残せなかった。要は才能が無かったのだ」などと自分を慰めます。

どこを見据えて日々を生きるか。

それだけで仕事も投資も、人生さえも結果が全く違ってくるのだから、これはもう人生を生き抜く上での「奥義」と言ってもいいでしょう。

今こそあなたには、「自分はどう在るべきか」ということを、真剣に考えてほしいと思います。


2.ウサギとカメ。

FXで成功する人というのは、ほぼ例外無く、皆ある共通点があります。
それは、

・想定外の致命的な負けを喫しないこと。
・挫折してやめないこと。

この2つです。

致命的な負けを喰らわなければ、トレードを長く続けることが出来る。

そして長く続けることさえ出来れば、トレードによる資産構築の仕組みは極めてシンプルなので、いずれは成功出来る・・・というわけです。

だから、トレード・ルールを設定し、それを守るということは、「トレードを長く続けるためである」と言っても過言ではありません。

「3ヶ月間やって、トータル成績がプラマイゼロでした」

いいじゃないですか!

「でも結果が付いて来ていません」

いえいえ、結果はキッチリと現れています。
「致命的な負けを喫することなく、継続することが出来ている」という結果が。

ということは、もうすでに成功するための基盤が、確実にあなたの中に根付いてきているということなのです。

それに私は、こういう人こそ最終的にはゴールに辿り着くことが出来ると思います。

なぜなら、1〜2ヶ月やって芳しい結果が残せなかったら、普通は「もっと他に良い方法があるんじゃないか?」と考えてしまうものです。

そして、そういう考えに支配されてしまったら最後、ゴールへの道を外れて、大きく遠回りしてしまうことになります。

ウサギは確かに走るスピードは速いけれど、途中でつまずいてリタイアする確率が90%。

カメは多少スピードが遅くても、途中でつまずくことは無いので、ゴールする確率は90%。

一度しかない大事な人生、普通に考えればカメを選ぶはずなのに、なぜか皆、揃ってウサギを選んでしまっているのが現状です。

カメさえ選んでおけば、FXは人生における強力な武器になるのに、なんとももったいない話です。


3.雑談〜「視座を変えて見る」ということ〜。

普通の人が行うFXで勝つためにする努力というのは、だいたいパターンが決まっています。

自分が思いついた方法を過去のチャートに当てはめ、検証することの繰り返し。

その作業の中で気付いたことを元に、さらに手法をブラッシュアップし続ける。

また、相場観を身に付ける努力をしたり、様々なチャートのパターンを覚えることによって、少しでも平均獲得成績を底上げしようと考えるでしょう。

これは言ってみれば「レベルアップを図る」という考え方であり、たしかに頑張れば、多少の成績アップには繋がるかもしれません。

しかし、トレードの世界において、この考え方は決して褒められたものではありません。

なぜかというと、トレードの目的は例外無く“お金を稼ぐこと”だからです。

例えばラーメン屋が死ぬほど努力して、この世のものとは思えないほど美味しいラーメンを発明すれば、ラーメン界の歴史にその名を残すことが出来るでしょう。

“ラーメンの味を追求することに命を懸ける”という人にとって、それは素晴らしい人生であり、大成功したと言えます。

しかし、“ラーメン屋で億万長者になる”ことが目的の人にとって、それは必ずしも成功であるとは言えません。

そういう人は、そこそこ美味しいラーメンを作ったあとは、次のステップとして、サッサとフランチャイズ化でもして全国展開し、ロイヤリティが自動的に入るようなシステムを構築する必要があるでしょう。

つまり同じラーメン屋をやるにしても、その目的によって努力のベクトルの向きを変えなければならないということです。

そして、私たちがFXをする目的は例外無く“お金を稼ぐこと”なのだから、そういう方向での努力をしなければなりません。

実は私も最初の頃は、“ラーメンの味を追求する”という考え方でFXに没頭していました。

過去のチャートを何度も繰り返し検証し、少しでも平均成績が高くなる方法を探るために、日々悪戦苦闘していました。

私も普通の感性を持った人間なので、間違ったベクトルでの努力をしていたわけです。

しかし、毎日徹夜しながら死ぬほど努力した結果、ようやく悟ったのが“限界”という言葉でした。

それまではいろんな視点で物事を見て、数十通りのシミュレーションをしてきました。

少しでも気になることがあれば検証しなければ気が済まないタチなので、それはもう膨大な時間を費やしたのです。

過去のチャートを一日一日全てプリントアウトしてノートに貼り付け、そこに思いついたことをびっしりメモ書きしたりして、大学ノートは何冊も書き潰しました。

そして思いついては検証、また何か気が付いては検証の毎日を繰り返し、歓喜と挫折を何度も味わった末に“限界”を感じた時、ふと思ったのです。

「今の視点でいくら周囲を見回しても、結局は見える景色はそう変わらない。・・・じゃあ、新しい景色を見るにはどうすればいい?」

そう考えた時に、「違う景色を見るためには、この場所から離れないといけないんじゃないか?」という思いがふっと浮かんできたのです。

これは、「視点ではなく、視座を変えてみる」ということなのかもしれません。

そして、今まで死ぬほど努力してきた考え方を捨て、まったく別の考え方で相場と対峙するようになったのです。

「自分がFXをする目的は、チャートを予測する力を磨くことではない。お金を稼ぐことなんだ」

そんな簡単なことに気付くまでに、ずいぶんと遠回りをしたものです。

でも、死ぬほど足掻いて行き止まり寸前まで突き進んだからこそ、別の道があることに気付くことが出来たのだと自分では思っています。

あなたはどうか遠回りをせず、私が切り開いた道を進んでほしいと思います。

さて、今回は以上です。

次回は少し路線を変えて、稼いだ後の税金の話などについて語ろうと思います。

ではまた。

| 2016年09月11日メール講座「凡人が巨富を生み出す方法」 このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

管理人

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
最近では50以上のパチンコ商材を購入し、このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行し、1億円の資産構築を目指す。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。当ブログだけが生きがいである。