大市民流FX資産構築メソッド2019年度版、完成です:大市民の「百戦危うからず!」

大市民流FX資産構築メソッド2019年度版、完成です

こんばんは、大市民です。

予定通り「新メソッド」が仕上がりましたので、今回はその案内となります。

以下に、最終の過去10年分のシミュレーション結果をまとめます。
ちなみにカッコ内がルール調整前のデータです。

2009年 +3910pips(+3503pips)
2010年 +2099pips(+1995pips)
2011年 +1950pips(+2046pips)
2012年 +2883pips(+2892pips)
2013年 +2747pips(+2713pips)
2014年 +2073pips(+2566pips)
2015年 +2088pips(+1860pips)
2016年 +3049pips(+3295pips)
2017年 +2088pips(+1665pips)
2018年 +2063pips(+1180pips)


上のデータを見てもらえばわかる通り、過去10年間には、様々な相場環境が出現しているにもかかわらず、各年度において好成績を記録しています。

とくに静かな相場環境だった2017年と2018年に関しても成績が改善し、全体的にバランスの良い結果となりました。


なぜ様々な相場環境にもかかわらず安定した成績を残すことが出来るのかというと、一つには、新たに加えたレンジ相場向けの逆張りルールが上手く機能しているからです。

新メソッドのルールの中に、新たに逆張りを仕掛けるパターンを加えたのは昨今の相場事情を考慮したものであり、トレンド相場だけでなくレンジ相場でも利益を獲れるようにするためです。

本来、トレンド相場向けの手法とレンジ相場向けの手法は真逆の戦術であり、それぞれ有効となる相場環境は異なります。

その相反する2つの戦術が一つの手法の中に混在することによって、「収支安定バランサー」の役割を果たしているというわけです。

さらにもう一つ、この手法には高ボラティリティ相場はもとより、低ボラティリティ相場でも安定した成績を残すためのルールも取り入れています。

この2つの工夫により、「新メソッド」はどのような相場環境でも高利回りの投資が期待できるハイブリッドなシステムトレード手法となっています。

資産運用としてトレードを行うのに、これほど有利なことはありません。

この三年間で大幅に進化したこの「新メソッド」を、あなたが幸せな人生を掴むために、ぜひ活用してほしいと願います。


なお、「新メソッド」は私のセミナーを過去に受講された方、そして「初代メソッド」を購入された方にはぜひ手に入れて頂きたいという思いがあるため、大幅な割引価格で提供いたします。

その他の方に関しては販売数を制限させていただきますので、入手を希望される方は出来るだけ早めにメールを頂ければ幸いです。

案内は以下のリンク先にまとめてありますので、こちらからどうぞ。

大市民流FX資産構築メソッド2019年度版 限定販売のご案内


今回は以上です。
それではいずれまた。

| 2019年06月30日FX関連 このエントリーをはてなブックマークに追加

メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

貴重な情報はまずメルマガで配信します。

最新記事はTwitterでも読むことができます。
フォローはご自由に。

Twitter-1.png

プロフィール

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。今は当ブログだけが生きがい。