マネーパートナーズが主催する奥山社長のWEBセミナーを視聴した感想:FX必勝法をトコトン追求するブログ

マネーパートナーズが主催する奥山社長のWEBセミナーを視聴した感想

少し前のことですが、マネーパートナーズが主催する同社の奥山社長のWEBセミナーを視聴したので、今回はそれをネタに書きたいと思います。

マネーパートナーズといえば投資のプロ集団が作った会社であり、その社長さんがどんなことを話すのか興味があったから申し込んでみたんです。

ライブ(生放送)をパソコンで見るという形式のセミナーでしたが、セミナーを視聴している人たちがリアルタイムでチャットが出来て、それが画面の右側に表示されるんですよ。

だから社長の喋ることに対して、リアルタイムで感想とか意見を見ることが出来たので、なかなか面白かったです。

セミナーの内容ですが、まず最初に資産運用にはFXがもっとも適しているという話をされていました。
その理由をいくつか述べておられましたが、これは私もまったく同感です。

・通貨は倒産しない。
・安心の信託保全。
・税金が安い(20%、損失は3年繰り越し可能)。
・24時間いつでも売買可能。
・口座開設費用、口座管理料はもちろん無料。

奥山社長は以上のことを理由として挙げておられましたが、まあ、単純にお金だけあればレバレッジの効いた資産運用が出来るというのが一番かなと私なんかは思います。

例えば、私の元にもしょっちゅう勧誘の電話がかかってくるんですが、不動産投資などは、いろんなリスクや煩わしい事がありますからね。

いろんな視点から見ても、FXほど優れた投資方法は他にないと思ってます。

そして肝心のFXトレードの手法についての話ですが、残念ながらそういう話は無くて、「どういうスタンスで投資をするべきか?」という投資に関する一般論に終始していた印象です。

その中でとくに時間を割いて説明されていたのが、「我々は年利何%のリターンを狙って投資すべきか」という話でした。

奥山社長は年利20%程度のリターンを目指す事を推奨しており、また、その程度のリターンであればFXで比較的簡単に達成できるとおっしゃられていました。

これも同感です。

最初から欲張らずに年利20%程度で良しとするなら、FXであれば比較的簡単に達成出来るでしょう。

ただ、年利20%程度を目標に投資をやるのであれば、5千万円とか1億円くらい原資がないと、うまみは無いですよね。

100万円を原資にして年利20%、つまり年間20万円程度を稼いでもそれほど嬉しくないし、福利で運用するにしても、たかが知れてます。

じゃあ、私たちは年利何%を目標にFXをやるべきかという話なのですが、その前に“年利”というものにスポットを当ててみましょう。

年利の違いによって、資産運用の結果にどれほどの差が生じるのか。
複利計算での数字の結果を見てみます。

まずは年利20%から。

1年目・・・1.2倍
2年目・・・1.4倍
3年目・・・1.7倍
4年目・・・2.1倍
5年目・・・2.5倍
6年目・・・3.0倍
7年目・・・3.6倍
8年目・・・4.3倍

投資としての年利20%は決して悪い数字ではありませんが、資産増加スピードが遅すぎますね。

上でも書いたように、例えば原資が5千万円あって、それを毎年運用するなら年間1千万円の利益を継続して得られるので悪くないでしょう。

しかし普通の人はそんな大金持ってないだろうし、最初は少ない金額から運用すると思うので、そんな控えめな利率の運用は目標金額に到達してからの話ですよね。

また、福利運用は利益を全て投資に回すわけだから、目標金額に到達するまでお金を使うことが出来ません。

これじゃあ夢がないですね。

だから私は、最初の数年間でいかに原資を増やせるかが、FX投資においてはもっとも大事だと考えています。

では次に、年利30%を見てみます。

1年目・・・1.3倍
2年目・・・1.7倍
3年目・・・2.2倍
4年目・・・2.9倍
5年目・・・3.7倍
6年目・・・4.8倍
7年目・・・6.3倍
8年目・・・8.2倍

年利20%と比較すると、8年間で約2倍の差となります。
つまり原資100万円だとすると、

年利20%・・・430万円
年利30%・・・820万円

8年間でこうなるわけです。

一般的な資産運用としての投資では、多くがこのレベルを目標にしていると思います。

ちなみにマネーパートナーズの奥山社長は、昨年の運用実績は年利27%ほどのリターンだったと言っていました。

いわゆる「富裕層」の方であれば投資に回せる金額も大きいので、年利30%あたりを目標にするのが妥当なのでしょうね。

では次に、年利50%を見てみます。

1年目・・・1.5倍
2年目・・・2.3倍
3年目・・・3.4倍
4年目・・・5.1倍
5年目・・・7.6倍
6年目・・・11.4倍
7年目・・・17.1倍
8年目・・・25.6倍

さらに、年利100%も示しておきます。

1年目・・・2倍
2年目・・・4倍
3年目・・・8倍
4年目・・・16倍
5年目・・・32倍
6年目・・・64倍
7年目・・・128倍
8年目・・・256倍

50%と100%の違いというのは、数字だけ見れば2倍なのですが、単に2倍の違いじゃないんです。

例えば原資100万円を8年間運用したとして、年利50%なら2,560万円になります。

じゃあ年利100%だったらいくらになるかというと、実に2億5,600万円になるんです。

年利が2倍違うと、8年間の運用で実に10倍の差が生まれるんですよ。

これこそが、アインシュタインが「人類最大の発明」と呼んだ複利の力であり、私たちが最大限に活用するべきものなんです。

繰り返しになりますが、私は「最初の数年間でいかに原資を増やせるか」が投資においては、もっとも大事であると考えています。

なぜなら、遅くとも5年ほどで数千万円程度の資産を築かないと、単純に人生が楽しくないからです。

ムダ遣いをガマンするのは5年間だけ。

あとは何の心配もなく悠々自適の人生を送れるからこそ、短い人生においては意味があり、また夢があると思うのです。

そしてそこまでいけば、それこそ年利30%程度のリターンでも十分裕福な生活を送れるのですから。

| 2020年03月29日FX関連 このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

content (12).jpg

管理人:大市民
パチンコ歴25年以上で、生涯収支は数千万円オーバー。
このブログの実践だけで800万円以上の収支を計上。
その後FX投資に移行。
FX歴は約5年。収支が累計5,000万円を越えた時点で会社を設立。
トレ−ドは完全ルール化して社員(身内)に引継ぎ、私は役員報酬だけ貰って隠居生活。今は当ブログだけが生きがい。

6年で億万長者になろう

大市民流FX DOC守破離メソッド

一日5分の作業で
億万長者になる方法。
大市民流FX DOC守破離メソッド
最近の記事
メルマガ登録

メルマガ購読・解除
 

新しい記事はメルマガでも届きます。

最新記事はTwitterでも読むことができます。
フォローはご自由に。

Twitter-1.png

サブコンテンツ